大矢勝の自己紹介ページ

所属・担当部局
所属:横浜国立大学大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門 教授
担当(1):横浜国立大学大学院環境情報学府 環境リスクマネジメント専攻 生命環境マネジメントコース
担当(2):横浜国立大学理工学部 化学生命系学科 化学応用EP(教育プログラム)

Masaru Oya

履歴

1957年(昭和32年)7月 神戸市で誕生
1982年(昭和57年)3月 大阪市立大学生活科学部卒業
1984年(昭和59年)3月 大阪市立大学大学院生活科学研究科前期博士課程修了
1984年(昭和59年)4月 賢明女子学院短期大学講師(1990年3月まで)
1989年(平成元年)9月 学術博士(大阪市立大学:泡沫系による油性汚れの洗浄に関する研究)
1990年(平成02年)4月 横浜国立大学教育学部助教授
1997年(平成9年)10月 横浜国立大学教育人間科学部助教授
2007年(平成19年)4月 横浜国立大学教育人間科学部准教授
2008年(平成20年)4月 横浜国立大学教育人間科学部教授
2011年(平成23年)4月 横浜国立大学大学院環境情報研究院教授(理工学部兼担)

主な著作
・ 環境情報学 地球環境時代の情報リテラシー(単著:大学教育出版:2013年)
・ 図解 入門よくわかる洗浄・洗剤の基本と仕組み(単著:秀和シス テム:2011年)
・ 地球にやさしい石けん・洗剤ものしり事典(単著:ソフトバンク クリエイティブ:2008年)
・ 消費者の環境情報学(単著:大学教育出版:2006年)
・ 洗剤・洗浄百科事典(共編著:朝倉書店:2003年)
・ 石鹸安全信仰の幻(単著:文春新書:2002年)
・ 石けん・洗 剤100の知識(共編著:東京書籍:2001年)
・ 合成洗剤は本当に有害なのか?(単著:オーエス出版:2001年)
・ 合成洗剤と環境問題−地球環境時代の消費者教育の指針として−(単著:大学教育出版:2000年)

研究テーマ
・ 確率密度関数を用いた洗浄メカニズムの解析
・ 希薄エマルションの洗浄利用
・ マイクロバブル水による界面活性剤のすすぎ効果
・ 鉄とカルシウム汚れの洗浄試験法開発と適切な洗浄剤探索
・ 各種脂肪酸ナトリウムの界面活性と水生生物毒性の関係
・ 画像データ分析による有色汚れの付着量評価システムの開発
・ リスク関連の消費者意識と情報情報の分析

学会活動等
・ 日本油化学会 洗浄・洗剤部会長(2013〜2015年度)
・ 日本繊維製品消費科学会 副会長(2015年度〜)

最近の論文 詳細はここ
◇ 藤本明弘, 服部香名子, 大矢勝, マイクロバブル洗浄への界面活性剤の添加効果, 繊維製品消費科学, 57(11), 838-843 (2016)
◇ 藤本明弘, 服部香名子, 大矢勝, マイクロバブルシャワーによる皮膚表面に吸着した界面活性剤の除去性,, 日本家政学会誌, 67(9), 491-496 (2016)
◇ 武藤祐子, 小林将司, 大矢勝, 美容・化粧品関連化学物質に関する消費者情報のリスク強調度を判定する日中共通「基準スケール」の作成, 繊維製品消費科学, 57(8), 614-620 (2016)
◇ 平野正徳, 今井秀之, 大矢勝, 口腔衛生に関する消費者意識と行動からみた補助的清掃用具普及の課題, 繊維製品消費科学, 56(3), 274-280 (2015)
◇ Yuya Kojima, Masaru Oya, Comparison Test of Oily Soil Removal of Japanese Laundry Detergents Using a Regression Formula to Derive Soil Quantity from K/S Value of Colored Oil, Tenside Surfactants Detergents, 52(1), 5-11 (2015)

もとのページへ