大矢の学術論文業績

 80) 駒津順子, 大矢勝, 洗浄における酸・アルカリ中和説の問題点, 日本家政学会誌, 72(4), 197-205 (2021)

 79) Miyako Oya-Hasegawa, Karen Miyamoto, Masaru Oya, Synergistic Action of Temperature and pH Factors in the Cleaning of Fatty Acids Soils; Analyzed by Probability Density Functional Method, Journal of Oleo Science, 70(4), 521-530 (2021) [https://doi.org/10.5650/jos.ess20304]

 78) Miyako Oya, Yosuke Taniguchi, Naoaki Fujimura, Karen Miyamoto, Masaru Oya, Kinetic analysis of hemoglobin detergency by probability density functional method, Plos One, 15(8), e0237255 (2020)  [https://doi.org/10.1371/journal.pone.0237255]

 77) Masaru Oya, Effect of Fine Bubbles on Removal of Linear Alkylbenzene Sulfonate Surfactant During the Rinsing Stage of Laundry Washing, J. Surfactants and Detergents, 23(5), 945-952 (2020)  [https://doi.org/10.1002/jsde.12429]

 76) 坂本ゆか, 大熊俊稀, 大矢勝, ビールを活用するナチュラルクリーニングに関する消費者情報の分析と実験的検証, 繊維製品消費科学, 61(1), 38-45 (2020)  [https://doi.org/10.11419/senshoshi.61.1_38]

 75) 駒津順子, 田母神礼美, 大矢勝, クエン酸によるカルシウム系汚れの洗浄に関する消費者情報の実験的検証, 日本家政学会誌,  70(10),  643-652 (2019) [https://doi.org/10.11428/jhej.70.643]

 74) Masanori Hirano, Hideyuki Imai, Masaru Oya, Effect of Awareness and Habits of Oral Care on Life Satisfaction, Oral Health & Preventive Dentistry. 17(2), 131-138 (2019) [https://doi.org/10.3290/j.ohpd.a42204]

 73) Masaru Oya, Relation between mechanism of soil removal from fabrics and a parameter derived from probability density functional method for washing force analysis,  Text. Res. J., 89(11), 2236-2246 (2019) <First published 2018> [https://doi.org/10.1177/0040517518790978]

 72) 武藤祐子, 小林将司, 大矢勝, 1950年代から2000年代までの中国における洗剤関連リスク情報の変遷, 繊維製品消費科学, 59(2), 123-130 (2018) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.59.2_123]

 71) Akihiro Fujimoto, Terumasa Tanaka, Masaru Oya, Analysis of cleaning process for several kinds of soil by probability density functional method, J. Oleo Sci., 66(10), 1109-1120 (2017) [https://doi.org/10.5650/jos.ess17043]

 70) 藤本明弘, 大矢勝, 界面活性剤/高級アルコール/水系の希薄エマルションによる油性汚れの洗浄性, 繊維製品消費科学, 58(8), 678-685 (2017) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.58.8_678]

 69) 藤本明弘, 服部香名子, 大矢勝, マイクロバブル洗浄への界面活性剤の添加効果, 繊維製品消費科学, 57(11), 838-843 (2016) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.57.11_838]

 68) 藤本明弘, 服部香名子, 大矢勝, マイクロバブルシャワーによる皮膚表面に吸着した界面活性剤の除去性,, 日本家政学会誌, 67(9), 491-496 (2016) [https://doi.org/10.11428/jhej.67.491]

 67) 武藤祐子, 小林将司, 大矢勝, 美容・化粧品関連化学物質に関する消費者情報のリスク強調度を判定する日中共通「基準スケール」の作成, 繊維製品消費科学, 57(8), 614-620 (2016) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.57.8_614]

 66) 平野正徳, 今井秀之, 大矢勝, 口腔衛生に関する消費者意識と行動からみた補助的清掃用具普及の課題, 繊維製品消費科学, 56(3), 274-280 (2015) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.56.3_274]

 65) Yuya Kojima, Masaru Oya, Comparison Test of Oily Soil Removal of Japanese Laundry Detergents Using a Regression Formula to Derive Soil Quantity from K/S Value of Colored Oil, Tenside Surfactants Detergents, 52(1), 5-11 (2015) [https://doi.org/10.3139/113.110342]

 64) 大矢勝, 宋亮, 中国における洗剤のリスク情報に関するフロー分析, 繊維製品消費科学, 56(1), 61-70 (2015) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.56.1_61]

 63) 小島裕也, 大矢勝, 濃色基質上に付着した白色汚れの定量を可能とする画像アプリケーションの開発, 繊維製品消費科学, 55(9), 670-676 (2014) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.55.9_670]

 62) 小島裕也, 大矢勝, 中国における美容・化粧品関連一般書籍中の化学物質有害性関連記述表現の分析, 繊維製品消費科学, 54(9), 838-845 (2013) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.54.9_838]

 61) 黒野理枝, 大矢勝, 改良型ヘモグロビン汚染布の漂白試験への適合性, 繊維製品消費科学, 54(8), 750-757 (2013) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.54.8_750]

 60) R.Kurono, N.Nishio, M.Oya, Derivation of Quantitative Removal Efficiency of Protein Stain from K/S Value of Washing Test Fabric Soiled with Hemoglobin, Journal of Oleo Science, 62(4), 23-229 (2013) [https://doi.org/10.5650/jos.62.223]

 59) K.Muto, M.Oya, Quantitative Determination of Colored Oily Soil Adhering to Metal Surface Using Digital Image Data, Journal of Oleo Science, 60(10), 505-513 (2011) [https://doi.org/10.5650/jos.60.505]

 58)大矢勝, 甲斐義明, 炭酸水素ナトリウム(重曹)の洗浄力と環境影響の評価, 繊維製品消費科学, 52(8), 510-517  (2011) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.52.8_510]

 57) N.Hisano, M.Oya, Effects of Surface Activity on Aquatic Toxicity of Binary Surfactant Mixtures, Journal of Oleo Science, 59(11), 589-599 (2010) [https://doi.org/10.5650/jos.59.589]

 56) 大矢勝, 大島紀子, 理論的洗浄研究のための親水性固体粒子汚染布,疎水性固体粒子汚染布,およびたん白質汚染布の作成法, 日本家政学会誌, 61(8), 483-491 (2010) [https://doi.org/10.11428/jhej.61.483]

 55) 大矢勝, 原聡臣, 石けんとLASの生分解性に関する誤情報の流通過程の分析, 繊維製品消費科学, 51(3), 231-237 (2010) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.51.3_231]

 54) M.Oya, N.Hisano, Decreases in Surface Activities and Aquatic Toxicities of Linear Alkylbenzene Sulfonate and Alcohol Ethoxylates during Biodegradation, Journal of Oleo Science, 59(1), 31-39 (2010) [https://doi.org/10.5650/jos.59.31]

 53) 大矢勝, 久野智子, 大島紀子, インターネット普及期の洗剤関連WEB情報の推移, 繊維製品消費科学, 50(7), 553-558 (2009) [https://doi.org/10.11419/senshoshi.50.7_553]

 52) 大矢勝, 洗浄のメカニズム, 表面技術, 60(2), 85-89 (2009) [https://doi.org/10.4139/sfj.60.85]

 51) 大矢勝, 洗浄性等の評価方法, 洗浄に関するシンポジウム40回記念論文集, pp.17-21 (2008)

 50) 石川祐輔, 大矢勝, 画像処理による洗浄性評価への家庭用デジタルカメラの適用, 日本家政学会誌, 59(5), 307-311 (2008) [https://doi.org/10.11428/jhej.59.307]

 49) 石川祐輔, 大矢勝, スポット状酸化鉄汚れの画像処理による洗浄性評価, 繊維製品消費科学, 49(4), 280-283 (2008) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.49.280]

 48) M.Oya, Small Scale Washing Test System with a Magnetic Stirrer as a Model of Pulsator Type Washing Machine, Jpn. Res. Assn. Text. End-Uses, 49(2), 139-145 (2008) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.49.139]

 47) Y.Ishikawa, M.Oya, Application of Statistical Analysis to Mixed Soil Detergency, Journal of Oleo Science, 57(2), 99-105 (2008) [https://doi.org/10.5650/jos.57.99]

 46) M.Oya, Y.Takemoto, Y.Ishikawa, Large Decrease in Acute Aquatic Toxicity of Linear Alkylbenzene Sulfonate in Hard Water and Seawater by Adding Adsorbent, Journal of Oleo Science, 57(1), 15-21 (2008) [https://doi.org/10.5650/jos.57.15]

 45) M.Oya, Analysis of Removal Process of Laulic Acid Soil by Aqueous Solution of Sodium Dodecyl Sulfate using Microscopic Image Data, Jpn. Res. Assn. Text. End-Uses, 48(10), 673-678 (2007) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.48.673]

 44) 大矢勝, 石川祐輔, 洗剤の洗浄力の優劣判断における注意点:市販洗剤とアルカリ剤の洗浄試験結果の分析, 繊維製品消費科学, 48(9), 613-618 (2007) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.48.613]

 43) M.Oya, S.Orito, Y.Ishikawa, T.Iizuka, Effects of Water Hardness and Existence of Adsorbent on Toxic Surface Tension of Surfactants for Aquatic Species, Journal of Oleo Science, 56(5), 237-243 (2007) [https://doi.org/10.5650/jos.56.237]

 42) Y.Ishikawa, S.Orito, M.Oya, Statistical Analysis of Washing Efficiency for Solid Particle Soil, Journal of Oleo Science, 56(4), 163-168 (2007) [https://doi.org/10.5650/jos.56.163]

 41) 石川祐輔, 大矢勝, 洗剤と食品添加物の安全性に関する日中英WEB情報の分析, 技術マネジメント研究, (6), pp.1-7 (2007) [NAID: 110009587507, 機関リポジトリ:https://ynu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=5042&item_no=1&page_id=59&block_id=74]

 40) 大矢勝, 水環境系に対する界面活性剤の影響,  オレオサイエンス, 7(1), 19-26 (2007) [https://doi.org/10.5650/oleoscience.7.19]

 39) Y.Ishikawa, S.Orito, M.Oya, Washing Efficiency Analysis Based on a Concept of Statistical Distribution, Journal of Oleo Science, 55(10), 511-519 (2006) [https://doi.org/10.5650/jos.55.511]

 38) 石川祐輔, 大矢勝, 重回帰分析を用いた画像処理システムによる洗浄性評価, 繊維製品消費科学, 46(6), 367-373 (2005) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.46.367]

 37) 宮崎亜弓, 大矢勝, パーソナルコンピュータを用いた画像処理による汚れの定量法, 繊維製品消費科学, 44(7), 407-413 (2003) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.44.407]

 36) 寶金悠子, 大矢勝, 合成洗剤問題に関連する消費者情報の分析(第3報)−一般環境書籍,水環境書籍の分析−, 繊維製品消費科学, 44(4), 213-222 (2003) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.44.213]

 35) 宮脇英彰, 大矢勝, 合成洗剤問題に関連する消費者情報の分析(第2報)−美容・化粧品関連一般書籍中の関連記述表現の分析−, 繊維製品消費科学, 41(7), 624-630 (2000) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.41.624]

 34) M.Oya, Kinetic Equation for Detergency of Fatty Acid Soil as a Function of Solubilization Capacity of Washing Liquid, Journal of Japan Oil Chemists' Society, 48(12), 1403-1406 (1999) [https://doi.org/10.5650/jos1996.48.1403]

 33) 大矢勝, 木下雅美, 消費者教育のための商品テスト情報案内ホームページの作成, 横浜国立大学教育実践研究指導センター紀要, 15, 55-62 (1999) [NAID: 110000081550]

 32) 大矢勝, 洗剤論争に関する歴史的考察, 横浜国立大学教育人間科学部紀要第V類, 1, 1-19 (1998) [NAID: 110000035200, 機関リポジトリ:https://ynu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=378&item_no=1&page_id=59&block_id=74]

 31) 大矢勝, 合成洗剤論争に関連する消費者情報の分析(第1報)−一般消費者向け洗剤関連書籍の有害性記述得点−, 繊維製品消費科学, 39(3), 188-195 (1998) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.39.188]

 30) 内藤恭子, 大矢勝, インターネットにおける生活情報伝達の現状−USENETニュースグループの分析−, 家政教育研究, 7, 5-11 (1996) [NAID: 110000580502]

 29) 大矢勝, 生活情報の定義, 横浜国立大学人文紀要 第一類, 41, 83-91 (1995) [NAID: 110005858468, 機関リポジトリ:https://ynu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1046&item_no=1&page_id=59&block_id=74]

 28) 大矢勝他, 消費生活リカレント講座の実践報告, 国民生活研究, 35(2), 50-65 (1995) [NAID: 40001375605]

 27) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第12報):ポリエステルモスリンからのトリグリセリド汚れの洗浄性, 繊維製品消費科学, 35(6), 322-327 (1994)  [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.35.322]

 26) 大矢勝他, 消費者関連業務を対象としたリカレント講座の要求項目の分析, 国民生活研究, 34(1), 38-47 (1994) [NAID: 40001375693]

 25) 大矢勝, 杉山久仁子, 生活情報の活用教育における商品情報分類上の問題点, 日本家庭科教育学会誌, 37(1), 31-36 (1994) [https://doi.org/10.11549/jjahee.37.1_31]

 24) 大矢勝, 合成洗剤問題に関連する生活情報の分析, 横浜国立大学人文紀要 第一類, 39, 39-63 (1993) [NAID: 110005858452, 機関リポジトリ:https://ynu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1030&item_no=1&page_id=59&block_id=74]

 23) 大矢勝, 生活情報の活用教育における情報整理の問題点:創造系生活情報の分類体系を中心に, 横浜国立大学教育学部教育実践センター紀要, 9, 29-45 (1993) [NAID: 110000508183]

 22) 大矢勝, 皆川基, 静電容量法による泡沫の液体体積分率の測定, 油化学, 42(4), 302-308 (1993) [https://doi.org/10.5650/jos1956.42.302]

 21) 劉波, 大矢勝, 佐藤昌子, 皆川基, 泡沫洗浄における酸化鉄(V)粒子汚れの洗浄性に関する研究(第5報):アルキル硫酸ナトリウムの炭素鎖長が洗浄性に及ぼす影響, 繊維製品消費科学, 33(12), 677-683 (1992) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.33.677]

 20) 劉波, 大矢勝, 佐藤昌子, 皆川基, 固体粒子及び繊維の種類が泡沫洗浄の洗浄性に及ぼす影響, 繊維製品消費科学, 33(9), 501-507 (1992) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.33.501]

 19) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第11報):ポリエステル布(繊維集合体)内部からの再起泡作用が固体及び液体脂肪酸汚れの洗浄性におよぼす影響, 繊維製品消費科学, 33(4), 214-219 (1992) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.33.214]

 18) 大矢勝, 劉波, 皆川基, 泡膜の移動による動的ぬれ, 油化学, 40(11), 1028-1033 (1991) [https://doi.org/10.5650/jos1956.40.1028]

 17) 劉波, 大矢勝, 佐藤昌子, 皆川基, 泡沫洗浄におけるFe-Ox固体粒子汚れの洗浄性に関する研究, 繊維製品消費科学, 32(8), 373-379 (1991) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.32.373]

 16) 劉波, 大矢勝, 佐藤昌子, 皆川基, 泡沫洗浄における酸化鉄(V)粒子汚れの洗浄性に関する研究(第4報):バルク洗液の粘性が起泡性及び洗浄性に及ぼす影響, 繊維製品消費科学, 32(2), 79-84 (1991) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.32.79]

 15) 劉波, 大矢勝, 佐藤昌子, 皆川基, 泡沫洗浄における酸化鉄(V)粒子汚れの洗浄性に関する研究(第3報):酸化鉄(V)粒子汚れの布内部から外部への運び出し作用について, 繊維製品消費科学, 31(7), 343-348 (1990) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.31.343]

 14) 劉波, 大矢勝, 佐藤昌子, 皆川基, 泡沫洗浄における酸化鉄(V)粒子汚れの洗浄性に関する研究(第2報):繊維基質からの汚れの離脱作用が洗浄性に及ぼす影響, 繊維製品消費科学, 31(3), 146-151 (1990) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.31.146]

 13) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第10報):ポリエステルフィルムおよびポリエステルメッシュスクリーンに付着したトリグリセリドの洗浄性, 繊維製品消費科学, 30(12), 588-593 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.588]

 12) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第9報):ポリエステルフィルムおよびポリエステルメッシュスクリーンに付着した各種脂肪酸汚れの洗浄性, 繊維製品消費科学, 30(11), 543-547 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.543]

 11) 劉波, 大矢勝, 皆川基, 泡沫洗浄における酸化鉄(V)粒子汚れの洗浄性に関する研究(第1報):酸化鉄(V)粒子の付着状態が洗浄性に及ぼす影響, 繊維製品消費科学, 30(8), 367-371 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.367]

 10) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第8報):バルク洗液中に添加するアルカリビルダーの濃度が洗浄性におよぼす影響, 繊維製品消費科学, 30(7), 304-310 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.304]

 9) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第7報):フィルムおよびメッシュスクリーン基質に付着したパルミチン酸汚れの洗浄で得られた除去量−時間曲線の解析, 繊維製品消費科学, 30(3), 125-132 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.125]

 8) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第6報):各種純粋脂肪酸セッケンの起泡性と洗浄性, 繊維製品消費科学, 30(2), 87-93 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.87]

 7) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第5報):布状基質内部からの起泡作用が油性汚れの洗浄性におよぼす影響, 繊維製品消費科学, 30(1), 36-42 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.42]

 6) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第4報):バルク洗液のセッケン濃度が洗浄性におよぼす影響, 繊維製品消費科学, 30(1), 29-35 (1989) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.30.35]

 5) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第3報):ポリエステルメッシュスクリーン基質へのパルミチン酸の付着状態とその洗浄性について,  繊維製品消費科学, 29(12), 530-539 (1988) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.29.530]

 4) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第2報):泡沫温度が洗浄性におよぼす影響, 繊維製品消費科学, 29(9), 383-390 (1988) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.29.383]

 3) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第1報):空気流量が洗浄性におよぼす影響, 繊維製品消費科学, 29(6), 248-256 (1988) [https://doi.org/10.11419/senshoshi1960.29.248]

 2) 大矢勝, 皆川基, 衣類の泡沫洗浄に関する研究(第2報):泡沫洗浄装置の試作について(2), 大阪市立大学生活科学部紀要, 34, 49-60 (1987) [NAID: 120005989571, 機関リポリトジ:http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/il/meta_pub/G0000438repository_KJ00000267382]

 1) 衣類の泡沫洗浄に関する研究:泡沫洗浄装置の試作について, 大阪市立大学生活科学部紀要, 31, 63-79 (1984) [NAID: 110000124416, 機関リポリトジ:http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/il/meta_pub/G0000438repository_KJ00000267298]

 元のページへ

===
大矢 勝
moya@=@ynu.ac.jp ← @=@を@に変えてください